スカレーのススメ(走水神社の冒険)



古事記(こじき)、日本書紀(にほんしょき)って知ってますか?
昔々の日本の歴史書です。
そんな昔からある歴史書に、走水の地名はでてくるんです。

昔の歴史書は冒険にあふれています。

この冒険の主人公は日本武尊(ヤマトタケル)と云います。

ヤマトタケルは走水から、房総半島に渡ろうとしまが

神様の悪口を言ったため、海が荒れて渡れなくなりました。

海を渡るためにヤマトタケルの后である弟橘媛(おとたちばなひめ)

が犠牲になってしまいます。

ここ走水でヤマトタケルは最愛の妻とお別れをしなければならないのです!



この歌碑は弟橘媛が詠んだ歌です。

「さねさし 相模の小野に燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも」

現代風にするとこんな感じ?

相模の野原が燃えてしまった時、私を気づかって声をかけてくれましたね

日本武尊に贈ったラブソングが歌碑には刻まれています。

1000年以上前のラブソングが、現代にも語り継がれているってスゴイですね。



あの海の向こうに千葉県房総半島があります。

今は東京湾フェリーで久里浜から40分で渡ることができるんです。

ぼくもヤマトタケルみたいに、房総半島に渡ってみようかなぁ。

横須賀久里浜から千葉県金谷へは:東京湾フェリー



河津桜が咲いていました。

染井吉野(ソメイヨシノ)はまだ、咲いていないですね。

横須賀の中でも、走水水源地の桜並木は綺麗なんですよ!

しかも、ドライブしながらでも見れるのでおススメです。

明日は桜の様子でも、見てきますね(´^<->^`)

※訂正箇所がありました。
久里浜から横須賀へは⇒横須賀久里浜から千葉県金谷へは


ここは走水神社をドンドン登ってきたところです。

なんかホコラがあって、ド●クエっぽいですね。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM