琴電でうどんの旅。


うどん県に行ってきた時のこと。


雨の振る中こんぴら様にお参りしました。


長い階段をずんずんずんずん登りました。


途中のお土産物屋さんで杖が借りられるんですけど


雨の中なので、傘をさしながらだとちょっと歩きずらい。


なので、傘だけさしてずんずんずんずん。


こんぴら様にお参りした後は琴電琴平駅へ。


ここから瓦町までうどんを食べに行きます。


琴電はなんか懐かしい。


うん。


琴電では京急の旧1000系が運行中。


スゴイステキ。


スゴイステキ。


瓦町駅から徒歩15分くらいのところにあるセルフうどんの店。


たまごの天ぷらが食べたかったんだけど売り切れ。


なので、ちくわにしました。


うどん1玉を先にもらって、自分でお湯に入れて温める。


隣のお姉さんは10回数えて湯切りしたので


ぼくもマネしてみました。


っちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ。


湯切りをして、器に戻して好きな薬味でいただきます。


うどんが食べ終わったころに、ちくわが到着。


ちくわの天ぷらはとても美味しかった。


結局、この日は一日でうどんを6杯食べました。


翌日は瓦町でゲットしたIruCaをつかって、朝うどんへ出発。


車を使わないで、うどんを食べようとすると大変。


でも、ぼくは琴電でうどんを食べに行くのだ。


今日も京急で使われていた車両で、コトコト揺られる。


まっすぐの線路が地平線の向こうに消えていく。


あの先にはきっと瀬戸内海があるのだろう。


目的地付近の羽床駅についた。


琴電に乗っていると可愛い山がいっぱい見える。


そのなかでも素敵な山は飯野山。


通称は讃岐富士らしい。


こころが和む山なんだ。


うどん県は、かわいい山とため池の大地が広がっている。


羽床駅からすぐちかくの堤山(つつまやま)


通称は羽床富士(はゆかふじ)


堤山と田んぼをみながらずーっと歩いた。


たぶん30分以上歩いた。


夏のまぶしさを残した太陽と


重たい稲穂が風に揺れていた。


うどん県を歩くのもなかなかいい。


そうそうに着いたはずなのに、もう行列ができている。


うどん屋さんに並ぶ人は若い人が多い。


事情が分かっている人は、ここは何が美味しいのか話している。


行列の中で情報収集しながら、どんなうどんが出てくるのか


自分なりにコーディネートする。


天気がいいから待つのも苦にならないし、なんかいい時間。


受けたとったうどんに、ぐるっとダシをかけまわす。


ちゅるちゅる食べ始めたら、すぐになくなってしまった。


もう一回並ぶのもちょっと躊躇してしまう。


隣のオジサンはうどんが3玉くらいで、天ぷらも3つくらい入ってる。


なんか、それが正しい注文なんだなって思った。


うどんはスゴイなぁ。


横須賀中央にも凄いうどん屋さんがありますので


みなさん探してみてください!

--------------- 

京急横須賀中央駅から歩いて2分
ランチはやっぱり「よこすか海軍カレー」でしょ!
よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです! 

 
スカレーは京急とカレーが大好きです。 
@sucurry





こっそりFacebookページつくりました。


ことちゃんが乗っている琴電に乗れなかった。


残念でならない。


頭からぞぞーってしてもらいたかったのに。


琴電にまた乗りに来ようと思った。


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM