よこすかYYのりものフェスタ2013で掃海母艦うらがにのってきました。

JUGEMテーマ:地域/ローカル


よこすかYYのりものフェスタ2013はJR横須賀駅


ヴェルニー公園、三笠公園、海上自衛隊横須賀地方総監部の


4か所で6月1日、2日に開催されました。


ぼくはてろてろと京急汐入駅から徒歩10分くらいで


こちらのヴェルニー公園側入り口に到着。



途中でTSUNAMIのホットドックやカフェドクルーの


よこすか海軍カレー棒のどっちを食べようか悩みながら


ヴェルニー公園を歩いてると、黒姉さんに声をかけられました。


黒姉さん「スカレー!ひさしぶりー!」


スカレー「姉さんひさしぶり。なにしてんの?」


黒姉さん「あの岸壁に停泊している珍しいうらがを撮影中よ」


スカレー「あ、そういえば逸見の岸壁はめずらしいですね」


黒姉さん「でしょ。もう二度とないかもしれないからね!」


スカレー「じゃ、記念撮影してあげる」パシャ



ヴェルニー公園から歩いて2分くらいで横須賀地方総監部到着。


いくら一般公開とはいえ基地の中に入るので検査が必要です。


空港の手荷物検査みたいなのがあるので危険物は持ち込み禁止。


ぼくは何時もの感じで楽々通過っす!


逸見の岸壁に掃海母艦うらが、護衛艦やまぎりが停泊中。


うらがは混んでたので、先に護衛艦やまぎりを見学。



護衛艦の素敵なアングルはこんな感じ。


国際信号旗が青い空にたなびいていて、ちょーグッド!


艦橋のあの旗はそれぞれ英単語を表していて


意味はWELCOMEで「歓迎」ってなります。


見学に並んでいる最中に海上自衛隊員さんが教えてくれました。



岸壁には海上自衛隊の基地内でしか買えないお土産や


基地内でしか食べられない「よこすか海軍カレー」も販売していて


ぼくは護衛艦やまぎりを見ながらもモグモグ。


二種類あったのでどちらもモグモグ。


っぐふー。


お腹も満腹になったので、掃海母艦うらがに行こう。



掃海母艦っていう役割は掃海艇を知らないといけません。


掃海艇については:呉ののてつのくじら館に潜入しました!


掃海母艦は掃海艇と一緒に行動して、燃料や水の補給と


機雷の敷設や水中処分員の減圧室などが装備してあります。


つまり、掃海艇が困ったときのお母さん役なのです!



こちらが掃海艇「えのしま」


掃海艇は有人の島の名前から命名します。


なので、横須賀の猿島は無人島なので掃海艇になれません。


ちなみにこの掃海艇は時速20kmくらいで進むんですけど


掃海母艦うらがと一緒にペルシャ湾までは約一ヶ月かけて


外洋を進んでいくんだって、ぼくは船酔いしちゃうな。



MK-105 磁気掃海具


あのサンゴのような赤い羽根を、海面に降ろして


ヘリコプターに引っ張ってもらって高速移動で


磁気機雷を掃海する。


って話を聞いたんだけど、ちょっとよくわからない。


でも、安全に機雷をお掃除できるスーパーマシンだ。



掃海母艦うらがにいた海上自衛隊のお兄さんに


スカレー「うらがのカレーは美味しいですか?」


お兄さん「おいしいですよ」ってニッコリ。


やっぱり掃海母艦だけあってお母さんカレーが食べられるのかな?


掃海母艦うらがは長浦港にいるので


見てみたくなったら:YOKOSUKA軍港めぐりを体験しよう!

----------------- 

京急横須賀中央駅から歩いて2分
横須賀に来たらやっぱり「よこすか海軍カレー」
 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです! 

 
スカレーは京急とカレーが大好きです。 
@sucurry





こっそりFacebookページつくりました。

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM