ニッカウヰスキー余市蒸溜所を見学に来ました!

JUGEMテーマ:旅行


北海道の研修旅行も今日で終了。


ここは小樽から車で30分くらいのところにある余市。


ニッカウイスキー余市蒸溜所にやってきました。


外から見るとお城みたいな感じの余市蒸溜所。


ニッカウイスキー創業者の熱い想いが詰まってます。


その熱い気持ちが入ったウイスキーも詰まってます。


今日はウイスキーの話なんです。



熱いのはこの竹鶴正孝さん。


ニッカウヰスキーの創業者です。


生まれは広島県竹原市にあります竹鶴酒造の母屋が生家。


こないだ行ってきたら竹鶴酒造も個性的な日本酒を作ってます。


竹鶴正孝さんは家業の造り酒屋の勉強をしてたら


何故だかウイスキー造りに目覚めてしまった個性的な人。



しかも、1918年にはウイスキー勉強のためにスコットランドへ


なんでそんなにウイスキーが好きになってしまったのでしょう?


ぼくにはわからないので、ちょっとウイスキーの勉強をしてみました。


ウイスキーは麦芽を乾燥させるためにピートを使います。


このピートでなんとも言えない香りが生まれます。



麦芽を乾燥させたら麦汁を作り、酵母を加えて発酵させます。


そして、ニッカウヰスキーでは伝統的な石炭直火炊き蒸溜で


アルコールを取り出します。


そして、樽に詰め込まれて熟成を待つんです。


ゆっくりとゆっくり何年も何年も。



ゆっくりさせすぎちゃったのが、この竹鶴35年。


日本のウイスキーの父と言われる竹鶴正孝さんの


竹鶴の名をつかった最高峰のウイスキー!


ここ余市蒸留所で有料試飲することができます。


香りだけの感想だけど、それはなんかね。


優しい優しいウイスキーの香り。



他にも原酒と言われるシングルカスクウイスキー15年


若いボクサーのパンチみたいな香り。


ッカン!って鼻にきた。


匂うだけで酔っ払ってしまいそうな感じ。


話を聞いたらアルコール分が54%〜63%もあるんだって


火が着いちゃいそうですね。



ウイスキーづくりに大切なものは


「清冽な水」「澄んだ空気」「冷涼で湿潤な気候」


そんな3つをもとめて竹鶴さんは余市にやってきました。


なんかスゴイです。


そんなスゴイ竹鶴さんを求めて、余市にやってきたけど


なんで、そんなにウイスキーがスゴイのかはわかりません。


わかっちゃったらぼくもウイスキーを作りにスコットランドに


行ってしまうんだろうな。


ひょっとしたらこちらでわかるかも:ニッカウヰスキー


竹鶴正孝さんの生家はこちら:竹原の竹鶴酒造

----------------- 

京急横須賀中央駅から歩いて2分
横須賀のランチは「よこすか海軍カレー」で決まり!

 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです! 

 
スカレーは横須賀の海と砂浜が大好きです。 
@sucurry



今年も開催!セーブザビーチin横須賀:Save the Beach


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM