小樽は街中を探索するといいよ。

JUGEMテーマ:旅行



プルルルルルル。


あ、社長から電話だ。


スカレー「社長!おはようございます!」


社長「うん。おはようスカレーくん」


スカレー「小樽への出発時刻ですけど」


社長「ぼくのことは忘れてください。じゃ、空港で」


ぷっつ。


なので、社長は札幌に忘れてきました。


札幌から電車で約1時間だけど、特急に乗れば早いかも。


そうですここは小樽運河。


右側が倉庫街になっていて、今は教会やレストランになってます。


ぼくと店長はバスを使って約1時間で到着しました。



社長はきっと飲みすぎちゃったんだろうなぁ。


しょうがないよなぁ。


あんまりお酒強くないもんなぁ。


店長「ほんとに社長置いてきてよかったのかな?」


スカレー「だいじょうぶだいじょうぶ」


店長「そうよね。大人ですもんね」


う〜ん。それはなんかおかしい気がする。



ぼくは元気なので小樽MAPを見ながら探索開始。


店長はお土産を探す旅に出かけました。


ぼくが見つけた小樽遺産の手宮線跡地。


1985年に廃止されてから、線路だけが残っていて


いまでは誰でも自由に歩くことができます。


ちょっとうれしい。


線路の上を歩いていたら石油のような匂いがずっとしてた。


むかし、機関車が走ってたからかなぁ。



ぼくが歩いてたら写真が飾ってあって


何かと思ったら小樽鉄路写真展が開催中でした。


線路の上が写真のギャラリーになっているイベント。


なんかとってもいい。


歩いてみた感想ですけど、ここに路面電車はどうですか?


小樽市さん!



小樽は北海道でも有数の貿易港でした。


なので、古い建物や倉庫がいっぱい残されています。


街中をあるいても、あちこちに石造りの蔵があって


古い街並みが好きな人にはたまりません。



小樽は運河だけじゃなくて、街中を歩いてほしい。


坂があって、その小道の中にも古いお屋敷があったりする。


とても栄えた港町は、今でも昔の風情をそのままに残しています。


小樽は古い建物がいっぱい残った倉庫遺産の街。



昔のお金持ちは変なところに凝っている。


この蔵のレリーフはきっと石造り。


窓もぼくが好きな古いガラスで、表面がゆらゆらしてる。


蔵や倉庫を利用したカフェや雑貨屋さん。


とっても良い雰囲気で、小樽は街中を歩くのがおすすめ。



お腹がすいちゃったので小樽に売ってた不思議なサンドをゲット!


その名も「パンロールパン」


はい。意味が解りませんね。


今から説明します!


かまぼこ屋さんが食べやすく、かまぼこをパンで包んで揚げました。


そこまではいいのですが、それをパンに挟んだのがパンロールパン。


これがとてもおいしい。


小樽行ったら食べてみてください。


横須賀に来たら食べてみてください:横須賀のソフトフランス

----------------- 

京急横須賀中央駅から歩いて2分
横須賀のランチは「よこすか海軍カレー」で決まり!

 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです! 

 
スカレーは横須賀の海と砂浜が大好きです。 
@sucurry



今年も開催!セーブザビーチin横須賀:Save the Beach


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM