横須賀ベーカリーでピーナツバターをぬってもらう日。

JUGEMテーマ:グルメ


ぼくは甘いものが食べたくなった時と、ちょっと元気を出したい時に


よくピーナツバターをぬってもらう店があります。


京急横須賀駅からYデッキをりそな銀行側に降りて、少し歩いたら


開業昭和3年の横須賀ベーカリーがそのパン屋さん。


横須賀市民だったら知らない人はいないと思うフランスパンのお店。


ちなみに横須賀のフランスパンは何故か丸くて柔らかい。


ぼくはそのフランスパンにピーナツバターをぬってもらうのです。


横須賀ベーカリーではフランスパンと呼ばれているのですけど


ちまたではソフトフランスって呼んだりもします。


横須賀ベーカリーには、すごいいっぱいのフランスパンサンドが陳列中。


ハム、ハンバーグ、シャウエッセン、ポテトサラダ、ベーコンエッグ


エビグラタン、ツナサラダ、メンチカツ、コロッケ、タマゴサラダ。


フランスパンでサンドした惣菜パンのレパートリーは横須賀一。



奥のショーケースには噂のシベリアサンド。


お母さん「シベリアサンドは、シベリア鉄道をイメージしてるの」


スカレー「シベリア鉄道?」


お母さん「線路みたいに見えるでしょ」


スカレー「うん。見える」


お母さん「それと甘食も他では見ないでしょ?」


スカレー「見ないかも!」


甘食はタマゴボーロが柔らかくなった感じ。



スカレー「あとフランスパンにピーナツバターぬってください!」


お母さん「何個?」


スカレー「一個でいいです」


後ろの白い引き出しの中にフランスパンが並んでいて


そっとフランスパンを手に取るとビーナッツバターをぬってくれる。


「酔っ払いのおじさんに、ココのフランスパン柔らかいじゃないか!」


って、言われたこともあるくらい柔らかな横須賀のフランスパン。



ぼくは肉食系なので、メンチカツサンドも一個ゲット!


メンチカツにたっぷりソースとレタス&マヨネーズ。


横須賀ベーカリーのフランスパンは1個が大きいので


すごいボリューム。


この後でピーナツバターをぬったフランスパンを食べたら


お腹がいっぱいで困ってしまいました。

 

スカレー「お店の模様ってひょっとしてコテですか?」


お母さん「古いお店だから」


ちょっと恥ずかしそうにしてたけど、そこが魅力なんだよお母さん!


スカレー「とっても素敵です!」


お母さん「でもね、来年には建て替えするかもしれないの」


なんでも、お店の機械が古くなっていて入れ替えるには建て替えを


考えなきゃいけないんだって。う〜ん。


この素晴らしい建物が見れなくなるのはスゴイ残念な感じ。


横須賀海軍カレー本舗から歩いて30秒なので寄ってみてください。


他にも横須賀のソフトフランスが食べられるお店はいっぱい。


こちらは:浜田分店の開運勝カレーサンド


七海のソフトフランスはこんな感じ:田浦の梅が咲き始めました!


懐かしいでしょ?:津久井浜で愛されるカッテーヤ

-----------------

京浜急行に乗って横須賀中央駅から歩いて2分
横須賀の名物「黒船菓琳かりんとうまんじゅう」も販売中
 
よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです!

 
スカレーのぬいぐるみはじめました。
@sucurry


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM