津久井浜観光農園でサツマイモ掘り。今日からみかん狩りもスタート!

JUGEMテーマ:旅行


天気がいいと何でもできる!


天気ですかーっ!?


と、いうわけでノリノリ京急に乗って、津久井浜観光農園にGO!


京急津久井浜駅で降りて、津久井浜観光農園まで無料送迎バスで10分。


送迎バスに乗って坂道を登ったらサツマイモ畑に到着しました。


駐車場もあるので、車できてもOKです。


それでは準備ができたら津久井浜いも畑園で、さつまいも掘りを体験開始!



さつまいも畑には、案内役のお母さんがいます。


ぼくは何時もの調子でお話しを開始!


スカレー「お母さんそれなんてイモなの?」


お母さん「これは紅あずま」


スカレー「どうやって掘ると綺麗にとれるの?」


お母さん「こうやって、土を分ていって掘るといいよ」


スカレー「抜いちゃダメなんだね」



土はふかふかで、表面は掘りやすいです。


でも、大きな薩摩芋ほど深くまであるので土をかき分けるのが大変。


そこで必要となってくるのが軍手です!


この軍手を用意することで二つのメリットをゲット。


まずは、手が汚れない。


さつま芋は灰汁があるので、これが手に着くと接着剤のように土が手に付着します。


軍手なら、軍手が汚れるだけなんです。


そして、軍手ならば深く掘り進んでも手が痛くない!


あと、長靴とかもってくるとさらにいいよ。



たまに、こんな小さいおまけイモも見つかります。


お母さん「これくらいのは大学芋にするといいよ」


スカレー「他にもサツマイモの美味しい食べ方を教えてください」


お母さん「焼き芋や天ぷら、干し芋もいいね」


スカレー「干しイモってどうやってつくるんですか?」


お母さん「皮付きのまま蒸かして、半日くらい天日に干すとできあがり」




こんなにいっぱい掘れました。


とっても重いです。


その日のうちに食べられなくても、土付きのまま新聞紙にくるんで


風通りのいい冷暗所に保管すればバッチリ。


どれくらい日持ちするはわかりません。


ぼくはいっぱい掘ったのでスィートポテトにチャレンジしたいなぁ。


さて、今日から津久井浜みかん狩り園では、蜜柑狩りがスタート!


去年はこんな感じ:津久井浜観光農園のみかん狩り


子供達が大きいサツマイモを見つけるとすんごく喜んでました。


とっても、賑やかなサツマイモ畑が横須賀にはあります。


詳しくは:津久井浜観光農園

-----------------

京急横須賀中央駅から歩いて2分
たまゆらの素敵な食べ歩き!よこすかグルメスタンプラリー開催中
「たまゆらカレー 横須賀限定」販売中!
 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 
横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです!

 
大丈夫。横須賀から元気に!はじめました。 @sucurry


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM