津久井浜観光農園 さつまいも掘り2010



ぼくが何処にいるかわかりますか?


ここは横須賀市津久井浜のサツマイモ畑です。


今日から始まりました津久井浜観光農園のさつまいも掘りにやってきました。


津久井浜観光農園のさつまいも畑までは、京急津久井浜駅から徒歩20分。


駐車場もあるので、車で来場してもOK!


ぼくは駅から歩いてみたんだけど、今日は暑くて汗ダラダラ。


最後の坂道を歩いていたら、親切な人が車へ乗せてくれました。


ほんとうに、ありがとう!



案内所から歩いて畑まで行くと、サツマイモ畑ディレクターのお兄さんが


優しく初心者のぼくたちを案内してくれます。


お兄さん「こんにちは」


スカレー「こんにちは。きょうはよろしくお願いします!」


お兄さん「はい、それではサツマイモを掘る場所を決めてもらいます」


スカレー「なんで?」


お兄さん「サツマイモは自然の物なので、掘る場所で大きさが違うんですよ」


スカレー「じゃ、ぼくはココにします」



サツマイモ掘りは、スコップやシャベルは必要ないです。


でも、畑に入るので長靴などを持ってくると良いですよ。


お兄さんは地下足袋はいてました。


土が盛ってある所は軟らかいんですけど、その下の地面は少し堅くなります。


そんな時は軍手の先が、ゴムで覆われている軍手が掘りやすいので


ホームセンターなどで用意するのがおススメです。



スカレー「なんて種類のサツマイモなんですか?」


お兄さん「べにあずまです」


スカレー「けっこう深くまで掘らない採れないですね」


お兄さん「今年は雨が少なかったので、深くまで芋が水を探しにいったんですよ」


スカレー「土が軟らかいので掘りやすいんですけど、なんか注意はありますか?」


お兄さん「薩摩芋が途中で折れると、白い液が出るので触らないでください」


スカレー「かぶれちゃうの?」


お兄さん「いいえ、灰汁なんですけど手に付くと汚れが落ちにくくなるんですよ」



これで約3kgくらいです。


この紅あずまは甘味が強いので、焼き芋やスィーツの材料に最適です。


もちろんサツマイモの天ぷらや、大学芋でも美味しく食べられますよ。


採れたサツマイモは土が付いたまま保存します。


ぼくは家に帰って、土付きのサツマイモを新聞紙でくるんで台所の下に入れました。




サツマイモ堀の受付所です。


イチゴやミカン狩りの受付場所とは違うので気を付けてください。


山の上にあるので、景色は最高に良いです。


受付のお父さんはとっても優しいですし、畑のお兄さんも優しいし


とっても、癒されるサツマイモ堀りが体験できますよ。


さつまいも掘りは:津久井浜観光農園


サツマイモ堀りのあとは、記念艦三笠ヨコスカ軍港巡りはいかがですか?

-----------------

記念艦三笠から歩いて10分
横須賀のスィーツ「横須賀チェリーチーズケーキ」も食べられますよ!
 よこすか海軍カレーレストラン・横須賀土産・物産販売
 横須賀海軍カレー本舗のホームページはこちらです!

 
大丈夫。ぼくでもつぶやけるついったーはじめました。
@sucurry


この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM